男の子の産み分け ストレス

男の子の産み分けにストレスの量が関係していた!? 体質でどちらが生まれるかが変わるのか、電磁波の影響などを調べてみました。

男の子の産み分けはストレスを減らすとよい!?

男の子の産み分けをしたいなら、ストレスを減らさないとだめらしい! 産み分けにストレスが良くない ストレスというのはない方が良い、発散したほうが良いのですが、これはどうやら男の子の産み分けにも言えるようです。 いろいろと調べると、妊娠前に女性にストレスがかかると女の子が生まれやすいのだそうです。 つまり、妊娠前に女性にストレスがなければ、少ない状態だと男の子が生まれやすい、という事ですね。 なんとこれはイギリスのニュースサイト『Mail Online』で掲載されています。 研究では、妊娠する数週間〜数か月前に、家庭や職場、パートナーとの関係でなんらかのプレッシャーがかかり、ストレスになると女の子を授かりやすいとわかりました。 オックスフォード大学などの研究によると、不況になると女の子、大事件の後は男の子の数が少なくなるといわれています。 直近で言うと2001年9月11日に起きた同時多発テロ後、ニューヨークでは男子の新生児が減ったそうです。 少し前、1991年のベルリン崩壊時の経済的混乱の時は、東ドイツで男子の出生が減りました。 最新の研究だと、このような経済情勢・社会的事件が大きな要因ではなく、日常のストレス・プレッシャーでコルチゾールなどのストレスホルモンのレベルが上がり妊娠に影響するかに着目しています。 アメリカの生殖学会では、妊娠前にコルチゾールが高い女性は女の子を産みやすい。 フロリダのオーランドの学会ではストレスの高い女性は男の子を産みにくい、などの研究が発表されています。 ですが、なぜコルチゾールが関係しているのかはまだ解明されていません。 様々な原因が考えられるそうですが、まだ被験者の数が少ないため研究が必要なのだそうです。 男の子にしたいなら、女性にストレスがかからない生活をすれば良さそうな感じもしますが、逆の場合がちょっとどうなの?って感じになりますね。 ストレスは心身ともによくないので、産み分け以前の問題だと思います。 そもそも妊娠すること自体に問題が生じそうなので、ストレスによる産み分けはおススメはできません。

男の子の産み分けに体質が関係するらしい!ほんと!?

男の子の産み分けに体質が関係していた! 産み分けに体質が関係する よく、うちは女系家族、うちは男系家族など聞きますね。 ちなににうちは女系です。(笑) 女の子を産みやすい、男の子を産みやすい人はいるようです。 しかし、産まれてくる子供の性別は男性の精子の種類だという事が近年分かってきました。 昔は、女の子ばかりだと女腹、男の子ばかりだと男腹と言われ、肩身の狭い思いをしてきたようです。 長男が欲しいのに女の子ばかり産むと姑にいじめられたり…。 実際、体質や家系は産み分けに関係するんでしょうか? 近年の研究で、父親の兄弟が男が多い場合、息子を授かる確率が高いそうです。 ですが、単純に確率が高いだけであって、男しか埋めないというわけではありません。 男性の精子にはちゃんと男と女の染色体が存在しています。 科学的・医学的には体質は産み分けに関係ないとされています。 関係あるとすれば、どうやら環境のようです。 生活習慣、食生活、性交の仕方、環境(家庭、職場など)が要因でどちらかに偏ると言われています。 が、これも確実な根拠があるわけではありません。 産み分けはこれをしたら絶対にできるというものはまだ発見されていません。 確率が上がる方法は様々世の中に情報として出回っています。 どれを信じていいのか分からないくらい、たくさんあります。 (-_-;) どちらにしても100%はないので、確率を上げるために様々トライしてみるしかないでしょう。 とはいえ、それでストレスになるのは妊娠自体に悪影響を与える可能性も秘めていますので、できるだけ軽い気持ちで神社で願掛けするとか、風水をしてみるとか、サプリを摂ってみるなどトライしてみてください。 >> 男の子の産み分けに効くかも!ゼリーやサプリをチェック!

男の子の産み分けは電磁波が少ない方がよい噂を検証

男の子の産み分けは電磁波が少ない方がいいらしい! 産み分けには電磁波が関係する 電磁波を意識して生活をしたことはないと思います。(笑) しかし、電磁波は今の世の中あちこちで飛び交っています。 スマホ、電子レンジ、パソコン、IHクッキングヒーターなど電化製品からは電磁波が出てきます。 電磁波を浴びないで生活をするなど皆無と言ってもいいほどです。 そんな電磁波の量で産まれてくる性別が変わるという噂があります。 電磁波を多く浴びていると女の子が生まれやすい。 逆に少ないと男の子、なのだそうです。 知恵袋を読むと、うちの旦那は電磁波が多い職場で仕事をしているので、男の子を授かるのは無理でしょうか?など切羽詰まったような質問も見られます。 IT企業に勤める男性の家庭では女の子が生まれる確率が高いなども言われているようです。 私自身、以前IT企業に勤めていましたが、家庭のある男性のお子さんたちは、女の子が多かった…という事はありません。(笑) なぜこのようなことが言われたのかというと、男児の精子であるY精子が熱や電磁波に弱いと言われているからのようです。 電磁波の浴びすぎ自体良いものではないので、男の子を産みたい場合は、電磁波を浴びないようにする生活を工夫するとよいのかもしれません。 が、逆に女の子が欲しいからと言って電磁波を大量に浴びるのはNGなので辞めましょう。 産み分けにはさまざま説がありますが、根拠のあるものはありません。 ゼリーやサプリメントにしても確率を少しでも上げるためにすることです。 成功してもいい、失敗してもいい、どちらを授かっても良いという気持ちで産み分けにトライしてください。